一般社団法人 共同学童保育所 虹の子クラブ

里芋のような親になろうっ! 里芋は子芋と一緒に親芋も育つんだって

OBに支えられて

2019年9月27日 から mboo | 0件のコメント

昨日の夜は月1回の中高大学生OBたちの集まり「N-Job」。いっしょにめしを食い、ゲームしたりぐだぐだしゃべったりするのがいつも楽しく、多くのメンバーがやってきます。これまでは指導員4人が当番で食事の準備を回していたのですが、今年は諸事情でその指導員たちが動けない状態。そこでOBのおかあさんが代わりにめしを作ってくださっています。さらに調理師見習いのOBも自分の勉強にもなるといいながら創作料理を作ってくれ、本当に助かっています。

「休みでヒマやったしスープ作った(7時間かかったそう)」。とラーメン作ってくれたEくん。感動的に絶品でした!

思えばOBたちも成長して親になりわが子を虹の子に預けたり、指導員になって日々活躍してくれたりと、縦にも横にも、時間を超えても、本当にたくさんのつながりが作られてきたと実感します。これって誰にとっても本当に大きな財産であり、かけがえのない宝物だとあらためて思うのです。

高学年キャンプでもOBたちやOB保護者さんのおかげでステキなキャンプにすることができました。かつては未熟な指導員(ぼくのことね)に理不尽に怒られまくっていたヤツラもいまでは本当に頼りになる大人になり、現役の子どもたちを支えてくれるようになりました。

連休にバンガローを借り、夕方4時から延々魚や肉を食べながらお酒を飲み、ギターとウクレレでなつかしい歌を歌いまくり、気がつけば夜の2時…なんてことをOB保護者さんとやってしまう秋の連休。カラダはしんどくても気持ちは高い秋空のようにとてもさわやか、どんなに大変なことがおこっても乗り越えていけるだろうな、と感じさせてくれるのでした。

避難訓練3連発!

2019年9月23日 から mboo | 0件のコメント

久しぶりの更新です(^_^;) 紹介したいネタは満載なのですがまずはこれから。

「避難訓練を一週間の間どこかでやるしな」「家事か地震か不審者かどれが起こるかわからんし」ということで行った準抜き打ち避難訓練。まずは10日の火曜日、おやつ食べた直後に「地震発生」! ふきん片付けなあかん、でも避難もしなあかんと右往左往する子もいましたが、「騒がない」「頭を守る」「かたまってしゃがむ」という初期動作を揺れ(効果音が全館に大音量で流れる)ている間行い、その後の避難もスムーズに。さすが慣れた上級生たちに1年生たち怖がりながらもしっかり取り組んでいました。

しかしそれだけで終わらなかった! 12日木曜日、「なんかへんな人がニヤニヤしながら前うろうろしてはる」… すぐに指導員に知らせて回る4年Aちゃん。騒がず静かに伝えてくれるのはたいしたもの。学童前をうろついたりベンチに座ったりする「不審者」さん、実は元学童連協会長のFさんが役を買って出て下さったのですが、本当にありうるようなリアルな想定になりました。「どちら様ですか」と淡々と尋ねる子、じゃんけんぽんを挑む子もいましたが、結局この時はこの不審者さんは水を一杯もらって退散してくれました。

さらにさらにまさかの不審者第2弾!まったく物騒なことこの上ない。この時はこの日休みの他所の指導員Tさんが不審者役。理不尽にいきなり子どもがうるさいと怒鳴りこんできたものだから部屋にいた子びっくり!6年Mちゃん「え?訓練?マジ?どっち?…」指導員が対応する中、子どもたち静かに2階に避難。4年Sくんハダシで教会にいる指導員に不審者が来たこと伝えに来ます。指導員3人で応対し、通報一歩手前までいったところで不審者退散。そして子どもたちにタネあかし。ほとんどの子が本当に怪しい人来たと思いこんでいたようです。そのあと不審者さん再登場、いっしょにおやつ食べていました。

あんまりやりすぎて「オオカミ少年」状態になっては困りますが、適宜これからも抜き打ちで?訓練して行きます。次は何が起こるかな~。