一般社団法人 共同学童保育所 虹の子クラブ

里芋のような親になろうっ! 里芋は子芋と一緒に親芋も育つんだって

2018 親子キャンプ

2018年8月15日 から nijinoko | 0件のコメント


8月10日~12日、花脊こども村で親子キャンプをしました。総勢170人超えという虹の子史上最大規模のキャンプでした。

 

心配していた暑さも期間中は例年並みで、いっぱい遊ぶことが出来ました。

こども達は学年に応じて、火おこし、まき割り、ご飯づくりを学びました。

そして、友達のおとうさん、おかあさんと一緒に遊び、ご飯作りをして交流しました。準備は大変ですが、こども達の笑顔を見ているとやっぱりキャンプは素敵な体験だなあ、と感じます。

みなさんお疲れ様でした。また来年も素敵なキャンプをしましょう

「親子キャンプ2018in花背こども村」アップしました【会員専用】

2018年8月14日 から nijinoko | 0件のコメント

2つの台風や37℃の酷暑にも負けずに 今年も開催できたのは奇跡

学童キャンプがどんどん衰退する情勢の中 やったのは功績

今年も史上最多参加人数170名のキャンプしたら みんな親戚

保護者は参加者であり主催者、でも存在しないのは観客席

それはそれは準備が大変、撤収も大変、でもなぜか不思議とやめようという声が出ないのは明晰

そんなキャンプの様子をどうぞ

親子キャンプ2018in花背こども村

[写真は随時アップされていきます]

 

 

初めての公園

2018年8月8日 から mboo | 0件のコメント

今日やっとO公園に行って遊びました!

この夏は外遊びも制限をかけなければならないほどの暑い日が続きましたが、今日ようやく夏休みはじめての公園での遊び。

久しぶりの公園に草野球部も集結し、時折吹く台風の強い風にボールを曲げられながらもとても幸せそうに公園を駆け回っていました。

セミを追ったりブランコにや木によじ登ったり、ぐるぐる回ったりと、本当にのびのびと遊びました。ふだんなら当たり前のこんなことも、いつもに増して「めっちゃ楽しかったな~」とみんなしみじみ感想を述べ合っておりました。

カレーははんごうに限る。

2018年8月4日 から mboo | 0件のコメント

昨日も京都は酷暑というか炎暑というか・・・。で、予定されていた3・4年の飯盒炊爨も実施が危険な状況に・・・(+o+) 本来なら3年生はマッチ点火の体験、4年生は薪割りの体験をするのですが、それは親子キャンプ当日においとくことにして・・・。で、今回は急遽北青少年活動センターの調理室を借りて

はんごうでご飯を炊き、カレーをつくることに。

「ご飯の炊ける仕組み」をレクチャーした後、いよいよ実技。スプーンでお米がお湯の中を踊っている振動をたしかめたりにおいでコゲを感じたり・・・。

玉ネギ切りで目が痛いと逃げだすヤツを叱咤激励しつつ、完成したカレーとご飯は本当においしかった。3なべのカレーと24合のごはんは3・4年生のおなかの中にすっくり消えました。

ただご飯を炊く、というだけの日常的なことを、原始的な手順で行うことがかえって新鮮で、それでいて上手く炊けたことが、なんかすごいことをやったみたいで、それがみんなのたくさんの笑顔につながりました。

虹の向こうの聖地

2018年7月31日 から mboo | 0件のコメント

朝5時。台風一過の清滝川の下見に向かう。市内はすっかり晴れ渡っているのに、愛宕さんに近付くにつれて雲が増し、広沢池でとうとう雨。すると目の前に鮮やかな2重の虹が。朝から実に縁起がいい。あの虹の向こうに我々の聖地があるのだ。

 

 

いろんな好条件がそろわないと実現できなくなった清滝ツアー。今回は台風通過直後という悪条件にもかかわらず、増水もなく夕立の心配もなく、高学年たち交通機関を乗り継いでやってきました。

街中での猛暑とはうってかわって実にさわやか。川の水は冷たく、クチビル紫になって泳ぎます。急流を流れたり飛び込んだり、魚を追ったり焚火をしたり。

学生・社会人OBたちが3人も来てくれ、荷物の運搬や子どもたちの引率、紅茶沸かしなどをサポートしてくれたのもうれしいかぎり。ヤツラもかつてここで熱い夏をすごしたことをずっと自分の原風景として持ってくれているんだろうな。

ありがとう清滝。またくるからな。

手づくりのクッキー

2018年7月28日 から nijinoko | 0件のコメント

昨日は保護者の用意するオヤツでした

いつもは駄菓子や、アイスなどが多いのですが

手作りオヤツがご趣味のお母さんに

100人前のクッキーを焼いていただきました

おそらく焼いた枚数1000枚超❗️

それを袋詰めして結んで

きっと時間と手間のかかる作業だったと思います

ありがとうございました!

とっても美味しくいただきました!

思いっきり外で遊べない夏だけど

2018年7月26日 から mboo | 0件のコメント

連日の猛暑に、公園あそびもストップせざるを得ない状況。教会遊びも15分遊んで15分休憩の繰り返し。そんなもどかしい夏休みがスタートしました。でもでも、自由な時間がたくさんあることが、こんなにもみんなをイキイキさせてくれるのだと改めて感じます。この夏は今しかない夏。やっぱり子どもたちには夏が似合うのだ。

セミとりしている連中と、それを水鉄砲でじゃまするやつら。

普段できないトイレ掃除やぞうきんがけも夏休みはがんばるのだ。

虹の子オリジナルあそび「おにどんすごろく」。ボード上でするかくれんぼなのだ。

おれたちゃやっぱり酒ブタゴマ。

「人狼ゲーム」。ついチラ見する1年男子をいましめる6年女子の図。

夏休みの宿題。けっこう真面目に早い時期に終えようとする優秀なコたち。

滋賀県の家庭には必ず一台ある「カロム」

特別感のあるオヤツ

2018年7月20日 から nijinoko | 0件のコメント

昨日は2年オヤツパーティー

自分達で選んだオヤツを買ってきて食べるそれだけですが

そこには特別感があります

 

自分たち(2年生だけ)だけが部屋を仕切って

みんなとはちがうオヤツを食べる

そこに特別感が生まれてきます

もちろん他の学年は気になってチラチラ見に来ますが

そこは優越感が食べるオヤツをおいしく感じさせてくれるようです

 

今回はそこに横のつながりをプラス

事前買い出しの時点で 指導員からの課題を出します

「自分で選んだオヤツは、誰かの賛成票を1票以上得なければならない」

つまり自分が食べたいオヤツだけではなく、隣の人の意見も聞かなければならないのです

 

ひとりよがりではなく 一歩隣の意見も聞く姿勢を持つ

 

今回のテーマとして大事にしたところです

 

早速みんなオヤツを買うときには周りの意見を聞きながら選んでいました

 

最後までどうしてもオヤツが決められない子も

「周囲の子がこれがいいんちゃう?」「私これ食べたいから選んで!」

と意見を聞きながら最終的に選べていました

 

2年生これからが楽しみになってきました