一般社団法人 共同学童保育所 虹の子クラブ

里芋のような親になろうっ! 里芋は子芋と一緒に親芋も育つんだって

一足お先にOBたち卒業式

2019年3月18日 から mboo | 0件のコメント

中学3年生のOBたち、卒業式あとに顔を出してくれました。まだ進路が決まらずやきもきしている子もいますが、キノコ指導員のつくるおやつの魚肉ソーセージにたかったり卓球台を出してきてひと遊びしたりと、以前とまったく変わらない姿を見せてくれ、まだまだかわいいもんです。それでも着実に大人に近付いている彼ら彼女らの姿はとてもまぶしく思います。来てくれてありがとう。いつまでもキミたちが顔を出せる居場所として、虹の子クラブはここにあり続けます。

リーダーたち、遊びも生活も仕切る

2019年3月15日 から mboo | 0件のコメント

5時過ぎてからの教会での遊びが大盛況。この日はPL(プレイリーダー/高学年有志で構成)さん主催の「???鬼ごっこ」。いろんな鬼ごっこをやってみようという企画で、「石木氷オニ」や「バナナ地蔵鬼」などを展開してくれました。いやはやすごい盛り上がり。

男女学年関係なく走り回り、夢中になれる夕暮れのひととき。時にコケて怪我もしますが、それ以上に楽しさが勝ります。今年度、かなり大きな存在感を示してくれたPLさんたち。新しいあこがれの存在となってくれました。

生活全般のリーダーの「サマデラさん」(かなりの専門用語)。7つの生活班のリーダーによって構成されています。毎週発行の「サマデラタイムズ」、今回は避難訓練特集。やるときはやる彼らの姿勢は虹の子クラブにとってとても重要なものとなっています。

そんなリーダーとして活躍してくれた6年生たちも来週が卒所式。最後の最後まで、いろんなところで存在感を見せてくれることでしょう。

こどもてづくりたこあげ大会

2019年3月3日 から nijinoko | 0件のコメント

最高気温14度。早春の穏やかな快晴に恵まれた2月23日、第35回京都こどもてづくりたこあげ大会に参加しました。「京都で凧揚げが行える最後の聖域」(森先生談)という嵐山東運動公園にて

その森先生をモチーフにした「レジェンドブー」の凧

虹の子高学年たちが製作した「七色の連凧」

そして虹の子たちそれぞれの想いが詰まった個人の「凧」たち

凧揚げ係が中心となって、11月からコツコツと準備してきた凧は、いま待ちに待った離陸の時を迎えています。ところが、3月中旬並みの暖かさをよそに、午前中は無風状態が続き、虹の子のみならず、他所のチームの凧揚げも苦闘がつづきました。肝心要の風がなくては凧も空に揚がって行きません。

苦しい展開が続く中、正午から本番に合わせるかのように風が吹き始め、やはり最初に大空に舞い上がったのは我らが「レジェンドブー」でした。3mの巨大な凧がグングンと空に昇って行く様子は物凄い迫力でした。

ブーに率いられるように次は高学年「七色の連凧」が一発で風にのりました。秘訣は横に大きく空気が抜けるような穴の開いた斬新な構造です。安定したパフォーマンスを見せてくれた新しい構造は来年度も参照されるべきでしょう。

そして、続けとばかりに虹の子個人の「凧」たちが一斉に上がり始めました。多い時には30〜40もの凧が、早春の青空を埋め尽くす姿は圧巻でした。ラジコンやドローンでは決して味わえない手足と糸と凧を通して、まるで空と繋がっているような感覚を味わえることが凧揚げの醍醐味ではないでしょうか。

空を見上げること自体少なくなった現代の生活において、凧揚げを通して、空を見上げることの大切さを学んだような気がしました。結果、高学年の連凧で2位、立体・創作凧で3位、大人の大凧で3位と三部門で入賞いたしました。そして、個人の凧でも多数の受賞があり、今年も虹の子の存在感を示しました。

学習・広報委員

風と遊ぶ~第35回京都こどもてづくりたこあげ大会

2019年2月26日 から mboo | 0件のコメント

いきなりやってきた春の陽気のもと、嵐山東公園にて第35回京都こどもてづくりたこあげ大会が開催され、虹の子クラブも親子そろって総勢150名で参加しました。午前中は全く風が吹かず、のんびり風待ち状態。それでも待ちきれない子は広いグラウンドを走り回って自作の凧をあげます。

午後。南からの風が吹きはじめ、それにのせてたくさんの凧が舞いあがりました。星の凧、角凧、六角凧・・・虹の子クラブで作った凧はホントよく揚がる(自画自賛(^_^;))。細い糸を通して大空との交信を楽しむように凧を揚げている子どもたちの表情は本当に輝いていました。子どもにまじってお父さんお母さんのしっかりたこあげを楽しむお姿も。

高学年たちは大きな立体創作凧を作って揚げました。青空にカラフルな大凧が映え、本当にきれい。感動的なフライトでした。凧を見上げながら走る姿も実にいい。今年はどの学童・児童館の大凧や創作凧、連凧もよく揚がり、大会が大いに盛り上がりました。

保護者会は指導員のカオをいじった凧で参戦。落ちなくてよかった。

実に35回を数えるこの大会。この大会がなかったらおそらく学童で凧作り・たこあげに取り組むことはないでしょう。 運営側としても長く関わっていますが、自分自身も凧という文化にすっかり魅了され、すっかりおじさんになった今でもますます空への憧れを強く感じます。 子どもたちとともにそんな思いを共有できるこの大会がいつまでも続いていくことを祈ります。

青空に輝く星

神メニュー、クロックムッシュ再び

2019年2月23日 から nijinoko | 1件のコメント

昨日の手作りおやつは

クロックムッシュでした

6年生のリクエストにより再びです

6枚切りのパンが、実に100枚分

焼くのも大変でしたが

お代わりも含めて

あっという間になくなって

「美味しい」「美味しい」と何度も褒めてもらったので焼いた甲斐がありました

お休みでも手作りおやつのために

来てくれた子もいて嬉しかったてます

1年生でも6枚のパン1枚以上

さらチーズ、ベーコン、バター、マヨネーズ入りを食べていたので

カロリーと言う意味でも

凄い威力のあるメニューだなと思いました

大空への憧れ

2019年2月12日 から mboo | 0件のコメント

風を感じ、風をつかめ!

土曜日。この上なく寒い鴨川へ各自作った凧の試しあげに行きました。曇天で寒いくせに風が吹かないというおよそ凧揚げにふさわしくない天気。早速川や草むらで遊び出す子もいますが、風を待ちきれない子は自ら走って風を起こしてまいあげます。

オリジナル創作の星凧。

少し晴れ間がのぞいてきた頃、西からの風が吹き出し、上手な子は早速風に乗せて凧を高くまいあげます。なかなか上手く揚がらない子も、糸目を変えたりすることを経験し、上手く揚がるよう調整します。

とてもよく揚がった折りたたみ式角凧。しかしこのあと悲劇が…

「ちょっとその凧ウチが揚げてたんや!返して!」「いいやんもうちょっと」と凧の取り合いをする5年女子。いやはや実に可愛いもんだ。しかし調子に乗って糸を全部繰り出していたら結び目がほどけてあっというまに凧は比叡山方面にフワフワ・・・ 対岸の豪邸の木に引っ掛かり、ビビりながらその家にとらせて下さいと頼みに行く子たち。しかし回収に失敗し、凧はさらに東へ東へ。捜索隊も東へ走る!次にひっかかった屋根にG指導員がよじ登り、努力の末見事回収!やってはいけないミスではあるけど、取りに行った男子たち満面の笑みで意気揚々と戻ってきました。

京の空に凧が舞う。24日の京都こどもてづくりたこあげ大会本番はもっとすごいのだ。

「凧は自分で作るもの」「凧揚げは走るものではなく、風をつかむもの」。凧揚げというステキな遊び文化をつかんでくれたらうれしいです。寒くても楽しめる凧揚げってすごいと思う。老後、きっと私はたこあげじいさんとして鴨川に出没していることでしょう。

シンプルスープ イズ ベスト

2019年2月8日 から nijinoko | 0件のコメント

木曜は週に一度の手づくりオヤツ

少しあったかい気候でしたが

「春雨スープ」にしました

しかも今回は少し頑張って

天然の出汁からとってみました

味付けは塩と醤油というシンプル美味いスープです

出汁は

きざんだ干し椎茸と

角切りの昆布で

そのまま具材になるタイプのスープです

おかわりを入れて150杯分

作るのはメチャクチャ大変ですが

「美味しい」の一言で

また作る気になりますね

レシピを教えてほしいと言われたので

貼っときますね

寒さで言ったら今日の寒さの方が数倍美味しかったのかもしれません

3年合宿速報 vol.4

2019年2月7日 から nijinoko | 0件のコメント

次の日は土曜日

通常保育が8時半から始まるため

急ぎたい男子

でも身支度に時間がかかる女子

待ちきれず早くに朝食作り出す男子

それを見て仕事を任せる女子

片付けをかってでる女子

男子の作る朝食を信じて待つ女子

さりげなくサポートする女子

美味しく食べるみんな

食べた皿をサッと片付ける女子

そして遊びまくる男子

最後まで片付けきっちりやる女子

ずいぶん成長したもんです

最後はみんなで感想を言い合って解散しました

学年の人数が多い集団ですけど

ようやくここに来てヨコのつながりが見えてきました

近年では珍しい批判も、賞賛もできる学年です

このチョーシで春合宿の引率も頑張って欲しいです

今年も出場、第35回京都こどもてづくりたこあげ大会

2019年2月6日 から nijinoko | 0件のコメント

虹の子クラブでは毎年行われている

京都こどもてづくりたこあげ大会に親子とも出場しています

京都市内では中々難しくなった凧揚げという文化を次世代に伝えるため親子ともまさに汗をかきながら一日凧に触れるという機会です

学童保育の子どもは自分で作った凧、親は大凧や連凧で出場しますがもちろん一般参加も可能で当日受付します

幼児の方も参加可能です

当日作ってすぐあげられる凧教室もあります(材料実費)

凧に興味のある方は是非当日会場までお越し下さい

詳しくはリンク先をご覧ください

https://book.living.jp/ebooks/living/kyoto/kyoto_seinan/20190202/index_h5.html#11

http://www.city.kyoto.lg.jp/digitalbook/book_cmsfiles/572/html5/index.html?startpage=0