一般社団法人 共同学童保育所 虹の子クラブ

里芋のような親になろうっ! 里芋は子芋と一緒に親芋も育つんだって

命より大事な酒ブタゴマ?

2018年9月14日 から mboo | 0件のコメント

弾きだしたら2ポイント、最後まで残ったらさらに1ポイント・・・

今日は「酒ブタゴマ大会スペシャル」と銘打って、公式ルール(ウチ独自のきまりだけど)の重量・形状制限を緩和してのバトルロイヤル戦。総勢22名が景品の「火花の出るコマ」獲得を目指し、しのぎを削りました。

本日優勝のKくんのコマ ネジ・かぶせ・吸収ゴム・丸底など、専門的改造が加えられているのだ。

最近オモチャのベイブレードを持ってくる子もいますが、それでもやっぱり酒ブタゴマ人気は衰えず。ある日の酒ブタゴマ大好き3年Yくんの何気ない会話「みんな酒ブタゴマどのくらい大事?おれ命より大事や」・・・あんまりイノチを軽々しく比べるのはどうかと思いつつ、そこまで気持ちを傾けているYくんがとてもまぶしく見えました。

あやしい奴が来た時は

2018年9月11日 から mboo | 0件のコメント

「不審者」ってどんな人なのでしょう。人を色眼鏡で見て結果的にその人を「不審者」さらには「犯罪者」にしてしまうことも多くあるような気もしますが…。まあ過去、虹の子クラブにも2度ほど、酔っぱらったおじさんが入ってきて警察を呼んだこともありました(たち悪い保護者じゃないですよ)。昨今、いろんな人がいることは事実なので、もし我々に危害を加えそうな人が、遊んでいる時に教会や施設に来たらどうする?という話し合いから今回初めての「不審者対応避難訓練」を行いました。「まず指導員が相手を観察しつつ丁寧に応対する」「相手を刺激しない」から始まり、相手の出方次第で「特定のあいことばを出し、他の指導員に知らせる」「子ども全員逃げる準備をする」ところまでを訓練しました。

ワタシが不審者をするから、とあらかじめ伝えておいて実施しました。最初はどんなふうに登場するのかワクワクの子どもたち、しかし黒いマスクにマントという、絵にかいたような不審者の登場と迫真の演技?に、「本当に怖い人かも」とじりじりたじろぐ子どもたち。

みんな真剣にとりくんでくれ、指導員も初めての訓練にいろんな課題も見えてきました。「イザ」の時に備えておくこと、これからも続けていきます。

抜き打ちで、ガタイのいいOBでも使ってまたやってみたいけど、みんなびびりまくるだろうなあ。

保護者は見た!驚愕のUNO

2018年8月30日 から nijinoko | 0件のコメント


初めての保護者応援にちょっとドキドキ(笑)

虹の子に入ってしばらくすると、子供が「UNOしよ」と言ってきました。
「いいよ(可愛い❤️)」
出てきたUNOは見たことのない山盛りのカード達、しかしたしかにUNOでした。
たちまち5〜6人の子供に囲まれ(外野含む)膝にどこやらの子が座った状態で「え?なんでそれ置けるの?」と虹の子独自のルールが炸裂!(我が子ともやったことがあるけど、こんなはずじゃなかった(^^; 覚えられない・・・)
あたふたしながらあっというまに1時間半たち、子供様達に楽しく遊んでいただきました(笑)
はたして応援になっているのか(?)
そんなM母・・・来月も応援予定

初めての公園

2018年8月8日 から mboo | 0件のコメント

今日やっとO公園に行って遊びました!

この夏は外遊びも制限をかけなければならないほどの暑い日が続きましたが、今日ようやく夏休みはじめての公園での遊び。

久しぶりの公園に草野球部も集結し、時折吹く台風の強い風にボールを曲げられながらもとても幸せそうに公園を駆け回っていました。

セミを追ったりブランコにや木によじ登ったり、ぐるぐる回ったりと、本当にのびのびと遊びました。ふだんなら当たり前のこんなことも、いつもに増して「めっちゃ楽しかったな~」とみんなしみじみ感想を述べ合っておりました。

思いっきり外で遊べない夏だけど

2018年7月26日 から mboo | 0件のコメント

連日の猛暑に、公園あそびもストップせざるを得ない状況。教会遊びも15分遊んで15分休憩の繰り返し。そんなもどかしい夏休みがスタートしました。でもでも、自由な時間がたくさんあることが、こんなにもみんなをイキイキさせてくれるのだと改めて感じます。この夏は今しかない夏。やっぱり子どもたちには夏が似合うのだ。

セミとりしている連中と、それを水鉄砲でじゃまするやつら。

普段できないトイレ掃除やぞうきんがけも夏休みはがんばるのだ。

虹の子オリジナルあそび「おにどんすごろく」。ボード上でするかくれんぼなのだ。

おれたちゃやっぱり酒ブタゴマ。

「人狼ゲーム」。ついチラ見する1年男子をいましめる6年女子の図。

夏休みの宿題。けっこう真面目に早い時期に終えようとする優秀なコたち。

滋賀県の家庭には必ず一台ある「カロム」

特別感のあるオヤツ

2018年7月20日 から nijinoko | 0件のコメント

昨日は2年オヤツパーティー

自分達で選んだオヤツを買ってきて食べるそれだけですが

そこには特別感があります

 

自分たち(2年生だけ)だけが部屋を仕切って

みんなとはちがうオヤツを食べる

そこに特別感が生まれてきます

もちろん他の学年は気になってチラチラ見に来ますが

そこは優越感が食べるオヤツをおいしく感じさせてくれるようです

 

今回はそこに横のつながりをプラス

事前買い出しの時点で 指導員からの課題を出します

「自分で選んだオヤツは、誰かの賛成票を1票以上得なければならない」

つまり自分が食べたいオヤツだけではなく、隣の人の意見も聞かなければならないのです

 

ひとりよがりではなく 一歩隣の意見も聞く姿勢を持つ

 

今回のテーマとして大事にしたところです

 

早速みんなオヤツを買うときには周りの意見を聞きながら選んでいました

 

最後までどうしてもオヤツが決められない子も

「周囲の子がこれがいいんちゃう?」「私これ食べたいから選んで!」

と意見を聞きながら最終的に選べていました

 

2年生これからが楽しみになってきました

 

 

 

夏だ!氷だ!

2018年7月13日 から mboo | 0件のコメント

恒例カキ氷大会。地元の氷屋さんから届けてもらった氷7貫目(14個)。「たべほうだい」という魅力的なことばに、とぎれることのない子どもたちの行列。例によっていろんな種類のミツをかけて楽しみます。なかには調子に乗ってショーユをかけるヤツも。

高学年リーダーがミツかけスタッフの役割を担ってくれました。日ごろ彼らにくちごたえしているナマイキ男子は若干ミツの量が少なかったりして・・・。

「4杯食べた―」「おれ5杯」などと自慢し合うのも面白い図。夏はこれに限ります。

やった結果がついてくる

2018年7月13日 から mboo | 0件のコメント

包丁講習会、いよいよ終盤です。遊びや宿題の前や後、ときには遊びを中断してまで、毎日ウムを言わずにりんごやじゃがいも・ニンジン切りや皮むきの練習をしています。苦手な子・なかなか上達しない子は「なんでやらなあかんの~」「いやや~」とぼやきながらやってますが、「大丈夫。今がんばってることが絶対上手くなることにつながるねんで」「ほら、去年よりちょっとできるようになったやん」「別に包丁使えへんでも生きていけるで。でも使えた方がすごいやん。人生豊かに生きれるで」など、松岡修造ばりのことばをかけています。

そしてその成果がまさに5年間6年間毎年やり続けた高学年たちのこの技量に現れます。

高学年だけに許

される「りんご丸丸一個むき」。いかに皮をちょん切らずに長くむこうと競い合っています。

 

 

そして講習会終了後に与えられる免許証。

確かな成長の証として、謹んでお渡しいたします。

 

 

 

酒ブタゴマはじめました。

2018年6月20日 から mboo | 0件のコメント

満を持して始めました酒ブタゴマ。先週は1年生に先行して教室を開きましたが、いよいよ今週から全学年に解禁。

新設された「作業ゾーン」に早くも群がるマニアたち。

自分たちで8人以上集めれば大会の開催が認められます。厳しい計量パスを通過し、ルールや対戦方法を確認して試合が始まります。1位~3位、ブービー賞があり、入賞すれば酒ブタゴマ増強パーツを手に入れることができるのです(ネジ・ワッシャー・太軸・ショック吸収ゴム…)。

決勝戦ともなると大勢のギャラリーが固唾をのんで見守ります。

 

今日はレディースのリーグ戦も行われ、大いに盛り上がりました。梅雨の季節、ますます熱くなりそうです。