一般社団法人 共同学童保育所 虹の子クラブ

里芋のような親になろうっ! 里芋は子芋と一緒に親芋も育つんだって

こどものけんりを学ぼう

2020年5月24日 から mboo | 0件のコメント

子どもと文化のNPOArt.31様よりいただきましたこれらの冊子。この間の休校続きで学校教育の遅れが懸念されています。それももちろん大人が考えるべき大切なことですが、虹の子に来て時間をすごしている子どもたちを見ていて、習い事もなく時間に追われないゆったりした生活の中で、いろんなあそびをつくっていくことでたくさんの学びを経験していると感じています。子どもの権利条約31条「休息・余暇・遊び、文化的・芸術的生活への参加の権利」、改めて学んでいきたいと思います。すぐ手に取れるところにレイアウトしておりますので保護者の方々もぜひ読んでみてください。

懐かしいレーダー作戦ゲーム。ソーシャルディスタンスを守りつつ…?
こちらはクッション陣取り。壮絶なバトルが繰り広げられております。

春風だより

2020年4月27日 から mboo | 0件のコメント

クッションマットを片づけました。床が涼しくなりました。

教会ではピーピー豆(カラスノエンドウ)がたくさんできています。マスクしてピーピー吹かれるとどこで鳴ってるのかわからない。

自宅待機のK兄弟が絵を持ってきてくれました。さっそくピカピカの掲示板に貼らせてもらいました。

Kちゃんが揚げているのはアマビエのミニ凧。春風とともに新型コロナも遠くにとんでいってほしいですね。

今こそソボクに

2020年4月25日 から mboo | 0件のコメント

休校中で自宅待機の子が多い中、ここしばらくの虹の子は20名前後の人数。少しさびしいですが、おかげさまでゆったりとすごせています。あやとりブームに続き、ゴム飛びも流行の兆しが(100均でゴムを買おうとするとマスクづくりで不足気味なのも世相を反映しています)。時間ある今こそ、素朴なあそびを見直したいです。

それでも春

2020年4月15日 から mboo | 0件のコメント

新型コロナウィルスの影響で、入所式もできない新年度のはじまり。休校措置が続く中、自宅での保育をたくさんのご家庭にご協力いただき、虹の子クラブは30名前後の子どもたちでそれなりに風通し良く過ごせています。本当にまだまだ予断を許さず不自由な状況が続きますが、それでも今は春まっさかりです。

春になれば流行るのが泥だんごづくり。「ソーシャルディスタンス」は若干近いですが、でも黙々とつくっています。

でかい!
Booの今年の作品なのだ。

あやとりも大流行中。やかましい男子たちが激しい鬼ごっこで捕まっている間にあやとりしている姿はなんか笑けるのだ。

年度末の春合宿が中止になり、親子交流会もキャンプもとても心配ですが、生きてる限り絶対どこかで取り戻そうと思います。

しばらく会えていない子どもたちのこと、とても気にかけています。どこかでぜひつながりましょうね。

イモを焼くおじさん

2020年2月21日 から nijinoko | 0件のコメント

今日は、焼きイモ大会、1日イモを焼く仕事で焼きイモおじさんになってました

おじさんは張り切って安納芋と紅はるかを仕入れました!

さらにおじさんは焼き方にもこだわって

ガスレンジはもちろん

電子レンジ(あまり美味しくなかったです)

あと今回から初導入の石焼❣️

結果は小成功、とても美味しいのが10個ほど焼けました

石を熱して遠赤外線で焼くという

おじさんはついにプロの領域に入ってしまいました

しかし、そこはけして踏み入れてはいけないプロの領域、奥が深かったです

焼くには焼けましたが、2から3時間かかるので

大規模学童にはむきません

やはり主力はガスレンジ

安定した働きで10kgのイモを3時間焼き続けてくれました

全部で12kgの焼き芋、準備下ごしらえはしんどかったけど

どんな焼き方でも

美味しいの一言で

焼きイモおじさんも指導員にもどりますね

寒くても熱い!

2020年2月7日 から mboo | 0件のコメント

今日の京都はこの冬一番の冷え込み。そんな日でも「Sケンするぞー」の誘いに熱いヤツらは公園へ繰り出します。

多少コケようが吹っ飛ばされようが悔し泣きしようが、すっくとたちあがり、ふたたび激しいたたかいに挑んでいくのだ。そう、それでキミの人生も大丈夫だ!

見たかった今日の映画

2020年2月1日 から mboo | 0件のコメント

高学年たち、今日は近江高島まで3月の春合宿の下見に。いやはや寒いのなんの。それでもみんなしっかり下見してしっかり遊んで帰ってきました。

帰ってきたら今日の低学年たちの活動の話し合い結果が黒板に。 上の3つは集団遊び。下の3つは映画会の内容らしい。一番下の沢田研二の映画が見たかったなあ。