一般社団法人 共同学童保育所 虹の子クラブ

里芋のような親になろうっ! 里芋は子芋と一緒に親芋も育つんだって

100名をささえるリーダーたち

2019年4月21日 から mboo | 0件のコメント

昨年度末からこの春まで、虹の子クラブ高学年リーダーとして活躍してくれる5名が意気込みをニュースにしてくれました。リーダーがリーダーとして活躍できるためにはみんながそれをしっかりフォローしていくことが大切。そんな関係づくりも目指して行きたいですね。

ホットなケーキ

2019年4月18日 から mboo | 0件のコメント

水曜日。野球班は手作りおやつ。この班は忙しい高学年が多くてなかなか班活動も大変なのですが、昨日から手作りおやつにはりきる4年生Iくん、今日もしっかりエプロン閉めてホットケーキ作りを取り仕切ります。しかしホットプレートで焼くホットケーキって本当においしそうに焼けるのですね。

都合で早く帰らなければならない子のために「先に2枚焼いてあげるわ」とIくんのあったかい言葉。出来上がったホットケーキで和やかにおやつを楽しむ野球班のメンバーでした。

おかえり!ただいま!!

2019年4月15日 から mboo | 0件のコメント

学校の授業も始まり、1年生たち少しずつ新しい生活に慣れてきています。今はまだ集団下校。日に日にみんなにぎやかになってきました。先生たち1年生を並ばせるだけでも大変だろうな。

遠くから来る子は指導員が迎えに行きます。道をしっかり覚えなければね。

桜もそろそろ終わりの季節。疲れも見え隠れする時期。そんな気持ちもしっかり受け止めていきたいです。

さくらがさいたよ

2019年4月2日 から mboo | 0件のコメント

4月。お隣の教会の桜が今年もきれいに咲きました。新入生を迎え、早速お昼ごはんはお花見弁当。

花冷えというのでしょうか。風が冷たい!しかも雨もぱらつきだす!!あわててお御堂の軒下に避難。

中には雨などものともしない猛者たちも。それでこそ花見のプロ!?

さて、教会の生垣には今、桜そっくりの白い花が咲き誇っています。足を止めて不思議そうに眺めている通行人の姿も。ぜひ一度ご覧ください(^_^;)

遊びをせむとや生まれけむ

2019年3月31日 から mboo | 1件のコメント

2018年度が終わりました。90名を超える人数になって本当にどうなることかと思いましたが、なんとか無事に年度末を迎えました。保護者のみなさんをはじめ、たくさんの指導員の連携の下、いろんな制約もありながら、子どもたちのイキイキとした生活をつくり出すことができたと思います。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

草を土ごとはがして植えかえ造成するにわか造園業者たち

年度末恒例の2泊3日の春合宿。指導員子どもあわせて100名近い人数での合宿、とにかく「遊ぶ!」。今回は周辺に遊具もないところ。それでも本当によく遊びました。自然と数人が集まり、そのあたりにあるもので工夫して遊び出すのが面白い。

秘密基地。施設正面に作ってるのでまる見えですが。

貸し切りの広いグラウンドでは野球やSケン、ドッチボール、たこあげ・・・。斜面でのチャンバラやマラソンなどに励む人たちも。「なにもない」場所だからこそ、仲間が集まれば本当に無限にいろんな遊びができる。これまで築き上げた関係があるからこそ、最初は不安いっぱいで「泊るのイヤ~」と泣いていた1年生も、「帰りたくない~」と言いだすようになる。毎年行っている春合宿ですが、ことさら今回は指導員としても楽しかったのだ。

子どもたちが夢中になって遊ぶ姿は本当に輝いています。与えられたものではなく自分たちで創り出す遊びは、一見たわいないものかもしれませんが、「めっちゃおもしろかった~!」と深く心に刻まれる体験となり、この時代の原風景として積み重なっていきます。それを保障してあげることが我々指導員の責務だとあらためて感じています。

つくしを大量にお土産にもってかえったヤツも・・・。おいしかったかな?

2019年度がいよいよはじまります。さらに子どもの数がふえてついに106人でのスタート。考えなければならないこと、工夫し乗り越えなければならないことが山積みですが、子どもたちの楽しそうな表情をたくさん創り出していくために、とにかく前に進みます。みんなでがんばりましょう。

リーダーたち、遊びも生活も仕切る

2019年3月15日 から mboo | 0件のコメント

5時過ぎてからの教会での遊びが大盛況。この日はPL(プレイリーダー/高学年有志で構成)さん主催の「???鬼ごっこ」。いろんな鬼ごっこをやってみようという企画で、「石木氷オニ」や「バナナ地蔵鬼」などを展開してくれました。いやはやすごい盛り上がり。

男女学年関係なく走り回り、夢中になれる夕暮れのひととき。時にコケて怪我もしますが、それ以上に楽しさが勝ります。今年度、かなり大きな存在感を示してくれたPLさんたち。新しいあこがれの存在となってくれました。

生活全般のリーダーの「サマデラさん」(かなりの専門用語)。7つの生活班のリーダーによって構成されています。毎週発行の「サマデラタイムズ」、今回は避難訓練特集。やるときはやる彼らの姿勢は虹の子クラブにとってとても重要なものとなっています。

そんなリーダーとして活躍してくれた6年生たちも来週が卒所式。最後の最後まで、いろんなところで存在感を見せてくれることでしょう。

大空への憧れ

2019年2月12日 から mboo | 0件のコメント

風を感じ、風をつかめ!

土曜日。この上なく寒い鴨川へ各自作った凧の試しあげに行きました。曇天で寒いくせに風が吹かないというおよそ凧揚げにふさわしくない天気。早速川や草むらで遊び出す子もいますが、風を待ちきれない子は自ら走って風を起こしてまいあげます。

オリジナル創作の星凧。

少し晴れ間がのぞいてきた頃、西からの風が吹き出し、上手な子は早速風に乗せて凧を高くまいあげます。なかなか上手く揚がらない子も、糸目を変えたりすることを経験し、上手く揚がるよう調整します。

とてもよく揚がった折りたたみ式角凧。しかしこのあと悲劇が…

「ちょっとその凧ウチが揚げてたんや!返して!」「いいやんもうちょっと」と凧の取り合いをする5年女子。いやはや実に可愛いもんだ。しかし調子に乗って糸を全部繰り出していたら結び目がほどけてあっというまに凧は比叡山方面にフワフワ・・・ 対岸の豪邸の木に引っ掛かり、ビビりながらその家にとらせて下さいと頼みに行く子たち。しかし回収に失敗し、凧はさらに東へ東へ。捜索隊も東へ走る!次にひっかかった屋根にG指導員がよじ登り、努力の末見事回収!やってはいけないミスではあるけど、取りに行った男子たち満面の笑みで意気揚々と戻ってきました。

京の空に凧が舞う。24日の京都こどもてづくりたこあげ大会本番はもっとすごいのだ。

「凧は自分で作るもの」「凧揚げは走るものではなく、風をつかむもの」。凧揚げというステキな遊び文化をつかんでくれたらうれしいです。寒くても楽しめる凧揚げってすごいと思う。老後、きっと私はたこあげじいさんとして鴨川に出没していることでしょう。

コマの神様、現るの巻

2019年1月26日 から nijinoko | 0件のコメント

超久々にはっしーのコマを見れた!

出来んかったら子どもら残念やろなぁと不安をもらしつつも1度投げれば感覚が戻る。2度投げれば技を成功させる。さすが黒紐。

神様と崇め奉られ、コマ軍団がもはや死語の虹の子で「敷居跨ぐ前に拝め!なぁあの人だれー?指差すな!敬語や!神様やぞ!」の騒ぎ。

一旦遊びに出た子も虹の子に戻ってこさせるほどの求心力。

この機会を逃すまいと必死に技術を吸収する子どもらに囲まれ、次回の約束まで取り付けられるなんとも優しい神様。

我々が6年の時の映像も引っ張り出し、久しぶりにコマ漬けの1日を過ごした。

8年に1回しか休みがない?神様。次回はいつになることやら笑

ゆるりと遊んで

2018年11月27日 から hajigon | 0件のコメント

今日は就学児検診ということで

6年生以外は4時間でみんな1時半に帰ってきました

(6年生はお仕事ご苦労さん)

年に数回あるかないかのこのチャンス

みんなここぞとばかりに遊びます

普段は慌ただしい放課後の時間も

あちこちで遊びが盛り上がりこの日はゆっくり時間が流れます

あえてこの日にもしかめ5000回にチャレンジする子も

ゆっくりとおしゃべりしながら宿題する時間もあります

週1とは言いませんが

どうか月1回位4時間で遊ぶ日を作ってもいいんじゃないでしょうかね?

ボクが校長ならこの日は宿題もなしにするけどなぁ

ある子どもが

ここの景色一番良いなーと言ってくれました

普段から見ているはずなのに

この日は夕焼け空を見る余裕があったのかなと思います