一般社団法人 共同学童保育所 虹の子クラブ

里芋のような親になろうっ! 里芋は子芋と一緒に親芋も育つんだって

特別感のあるオヤツ

2018年7月20日 から nijinoko | 0件のコメント

昨日は2年オヤツパーティー

自分達で選んだオヤツを買ってきて食べるそれだけですが

そこには特別感があります

 

自分たち(2年生だけ)だけが部屋を仕切って

みんなとはちがうオヤツを食べる

そこに特別感が生まれてきます

もちろん他の学年は気になってチラチラ見に来ますが

そこは優越感が食べるオヤツをおいしく感じさせてくれるようです

 

今回はそこに横のつながりをプラス

事前買い出しの時点で 指導員からの課題を出します

「自分で選んだオヤツは、誰かの賛成票を1票以上得なければならない」

つまり自分が食べたいオヤツだけではなく、隣の人の意見も聞かなければならないのです

 

ひとりよがりではなく 一歩隣の意見も聞く姿勢を持つ

 

今回のテーマとして大事にしたところです

 

早速みんなオヤツを買うときには周りの意見を聞きながら選んでいました

 

最後までどうしてもオヤツが決められない子も

「周囲の子がこれがいいんちゃう?」「私これ食べたいから選んで!」

と意見を聞きながら最終的に選べていました

 

2年生これからが楽しみになってきました

 

 

 

夏だ!氷だ!

2018年7月13日 から mboo | 0件のコメント

恒例カキ氷大会。地元の氷屋さんから届けてもらった氷7貫目(14個)。「たべほうだい」という魅力的なことばに、とぎれることのない子どもたちの行列。例によっていろんな種類のミツをかけて楽しみます。なかには調子に乗ってショーユをかけるヤツも。

高学年リーダーがミツかけスタッフの役割を担ってくれました。日ごろ彼らにくちごたえしているナマイキ男子は若干ミツの量が少なかったりして・・・。

「4杯食べた―」「おれ5杯」などと自慢し合うのも面白い図。夏はこれに限ります。

やった結果がついてくる

2018年7月13日 から mboo | 0件のコメント

包丁講習会、いよいよ終盤です。遊びや宿題の前や後、ときには遊びを中断してまで、毎日ウムを言わずにりんごやじゃがいも・ニンジン切りや皮むきの練習をしています。苦手な子・なかなか上達しない子は「なんでやらなあかんの~」「いやや~」とぼやきながらやってますが、「大丈夫。今がんばってることが絶対上手くなることにつながるねんで」「ほら、去年よりちょっとできるようになったやん」「別に包丁使えへんでも生きていけるで。でも使えた方がすごいやん。人生豊かに生きれるで」など、松岡修造ばりのことばをかけています。

そしてその成果がまさに5年間6年間毎年やり続けた高学年たちのこの技量に現れます。

高学年だけに許

される「りんご丸丸一個むき」。いかに皮をちょん切らずに長くむこうと競い合っています。

 

 

そして講習会終了後に与えられる免許証。

確かな成長の証として、謹んでお渡しいたします。

 

 

 

酒ブタゴマはじめました。

2018年6月20日 から mboo | 0件のコメント

満を持して始めました酒ブタゴマ。先週は1年生に先行して教室を開きましたが、いよいよ今週から全学年に解禁。

新設された「作業ゾーン」に早くも群がるマニアたち。

自分たちで8人以上集めれば大会の開催が認められます。厳しい計量パスを通過し、ルールや対戦方法を確認して試合が始まります。1位~3位、ブービー賞があり、入賞すれば酒ブタゴマ増強パーツを手に入れることができるのです(ネジ・ワッシャー・太軸・ショック吸収ゴム…)。

決勝戦ともなると大勢のギャラリーが固唾をのんで見守ります。

 

今日はレディースのリーグ戦も行われ、大いに盛り上がりました。梅雨の季節、ますます熱くなりそうです。

冷水器様のお成り

2018年5月29日 から mboo | 0件のコメント

ここ数日暑い日が続き、お茶を炊いても間に合わない。ということで今年もご登場いただきました冷水器様。

その神々しいお姿に思わずひれ伏す6年男子約2名。

さっそく冷たい水(滋賀県の天然水と呼ばれている)を飲んで嬉しそうな顔がいっぱい。

右にぶら下がるひもを揺らし鈴を鳴らして二拍手一拝してから飲む子が多し。1年生にその作法?を教える子もいる。中には土下座してから飲む信仰心あつい4年生もいる。

かくしてこの夏、この冷水器様に多大な恩恵を受けながら皆で平和に過ごしていくのである。

ちなみに右にぶら下がる鈴ひものちょうちんは修学旅行のお土産に6年のMちゃんが買ってきてくれたもの。裏に「名古屋」と書かれている。2代目です。

 

金の魔力

2018年5月27日 から mboo | 0件のコメント

かまぼこおとしゴールドチャレンジ。伝統的なあそびの「かまぼこおとし」、基本技①あたま~⑮手裏剣投げまで、ノーミスでクリアすれば金(今回は限定でプラチナもある)のかまぼこ板がもらえるという、魅惑的かつ阿漕な?企画。今年も一獲千金を目指して多くの挑戦者たちがこの難関に挑んでいます。現在のところ達成者は6年生の2名だけ!

今年は来月からの酒ブタゴマづくりにもつなげるため、基本技①~⑥「おばあさん」までクリアできれば酒ブタ5ことジュエル(これがまたきらきらと魅惑的)進呈(1・2年限定)、基本技①~⑩「5歩投げ」までクリアだと酒ブタ10個とジュエル10個進呈という特別企画も追加。1年生たちも苦労しながら、何度も失敗して汗かいて、悔しさをかみしめつつ、みんなの歓声を受けつつ、確実にカラダの隅々に神経をいきわたらせて、たかがかまぼこ板をたおすことに集中して挑みます。

ちなみにこのかまぼこ板ですが、グラインダとサンダ―で磨き、砥の粉で目止めし、プライマリースプレーで上塗りし、一旦銀で

2度スプレーし、最後に金で2度の上塗りをします。ばかばかしいほど手間かけています。でもこどもが夢中になる

こと思うととても楽しいのです。

 

 

 

 

2018年1月24日
から mboo
0件のコメント

もうついていけない!

けん玉がますますの盛り上がりを見せています。 最初は手で玉を皿にのせ、ポンポン上にあげるだけでもおぼつかなかった1年生たちが、「大皿乗ったで!」「中皿もできた!」と少しずつ「やればできる」楽しみを感じ取ってきて、いつの間 … 続きを読む

2017年12月22日
から mboo
0件のコメント

これからが冬あそびホンバン!

公園への移動時、信号待ちでもけん玉に余念のない男子たち。けん玉教室後、今年もブレイクを始めたけん玉。「検定見て~」と誘いあいたくさんのつながりが生まれます。それにしても「もしかめ」1000回越えの子が続出し、見てあげる子 … 続きを読む