一般社団法人 共同学童保育所 虹の子クラブ

里芋のような親になろうっ! 里芋は子芋と一緒に親芋も育つんだって

大空への憧れ

2019年2月12日 から mboo | 0件のコメント

風を感じ、風をつかめ!

土曜日。この上なく寒い鴨川へ各自作った凧の試しあげに行きました。曇天で寒いくせに風が吹かないというおよそ凧揚げにふさわしくない天気。早速川や草むらで遊び出す子もいますが、風を待ちきれない子は自ら走って風を起こしてまいあげます。

オリジナル創作の星凧。

少し晴れ間がのぞいてきた頃、西からの風が吹き出し、上手な子は早速風に乗せて凧を高くまいあげます。なかなか上手く揚がらない子も、糸目を変えたりすることを経験し、上手く揚がるよう調整します。

とてもよく揚がった折りたたみ式角凧。しかしこのあと悲劇が…

「ちょっとその凧ウチが揚げてたんや!返して!」「いいやんもうちょっと」と凧の取り合いをする5年女子。いやはや実に可愛いもんだ。しかし調子に乗って糸を全部繰り出していたら結び目がほどけてあっというまに凧は比叡山方面にフワフワ・・・ 対岸の豪邸の木に引っ掛かり、ビビりながらその家にとらせて下さいと頼みに行く子たち。しかし回収に失敗し、凧はさらに東へ東へ。捜索隊も東へ走る!次にひっかかった屋根にG指導員がよじ登り、努力の末見事回収!やってはいけないミスではあるけど、取りに行った男子たち満面の笑みで意気揚々と戻ってきました。

京の空に凧が舞う。24日の京都こどもてづくりたこあげ大会本番はもっとすごいのだ。

「凧は自分で作るもの」「凧揚げは走るものではなく、風をつかむもの」。凧揚げというステキな遊び文化をつかんでくれたらうれしいです。寒くても楽しめる凧揚げってすごいと思う。老後、きっと私はたこあげじいさんとして鴨川に出没していることでしょう。

ウチらの夢を舞いあげる!

2019年1月31日 から mboo | 0件のコメント

高学年たちの凧作りが佳境、というか、追い込みにかかっています。2月のたこあげ大会、高学年たちは今年も立体創作凧にエントリー。毎年違った形の凧を舞いあげて大会を盛り上げていますが、ことしもユニークな凧で挑戦します。

4人の女子による実行委員メンバーが中心になって製作をリード。忙しい中、みんなが帰った後も残ってワイワイ盛り上がりながら細かな作業をしてくれています。そんな熱い時間に指導員もワクワクが止まりません。

B指導員、実験機をいそいそと夕暮れの琵琶湖までとばしに行きました。実によく揚がり、悦に入るたこあげおじさんとなっておりました。本物はもっともっとでっかくきれいで、さらにシカケが加わる予定です。乞うご期待!

1年生も皮をむくのだ

2019年1月24日 から mboo | 0件のコメント

7月、毎年キャンプ前に取り組む「包丁講習会」。しかし今年の大人数の1年生には教える体制が整わなかったため、ピーラーでの講習に終わってしまいました。そこで今のこの時期、再度ナイフでの皮むきに挑戦することに。

初日は本当に大変。それでも、最初は怖がっていた子も、何度かやるうちにナイフの持ち方もサマになってきます。むきおわったりんごをほおばる顔はみんな満足げ。

おりしもインフルエンザ流行中。取り組む子は全員手洗い消毒マスク着用で臨みます。

たった3日ですが、目覚ましい上達をとげた子もたくさん。誰1人けがすることなく終えることができました。

千年後の「望月」とともに

2018年11月23日 から mboo | 0件のコメント

毎年企画するものの、雨のためにほぼ2年に一度しか実現できない「夜の大文字山ツアー」。22日、みんなの願いが届いて雨も上がり、今年は行けるぞ!とハイテンションの親子約60名。この夜は、平安時代に藤原道長が「この世をば我が世とぞ思ふ望月の欠けたることもなしと思へば」と京の邸宅で読んでから実に千年の満月の夜。その望月がずっと我々を照らし続けてくれる中の登山となりました。

夜の山をヘッドランプ照らして進むことにドキドキワクワク。野生のシカも現れて気分は絶好調。「このこと作文に書くねん」としっかり計画している女子。「古今東西」ゲームをやると必ず下ネタに発展する男子・・・。

歩くこと40分、視界がバッと開けたところが大文字火床。そして目の前に広がる京都・大阪の夜景は本当にきれい。「すっげー」「ヤバイ~!」「めっちゃきれ~!」 毎度のことながらここでけん玉に励むヤツも。

この日は木枯らしが吹くと言われていたほどの寒さ。いつまでも見ていたい夜景も、しんしんと冷えてくる寒さに勝てず早々に退散。でも「来年も絶対行くぞ!」の声たくさん。ぜひまたこの酔狂な企画にお付き合いください。

魚は見るより釣って食いたい

2018年11月7日 から mboo | 0件のコメント

新町小学校5年生、代休ツアーで大阪・海遊館へ。平日にもかかわらず外国人観光客の人たちがたくさん、さらに遠足の小学生幼稚園保育園の団体さんも多く、午前中は超満員の海遊館。

でかいだのきもいだのかわいいだのキレイだの腹へっただの、終始大騒ぎの6人。サメのお触りコーナーはあったものの、どうもそれだけでは満足できないようで・・・

港で釣りしているオジサンになれなれしく声をかける女子たち。おりしもたくさんの魚の群れが回遊中で、サビキにアジが入れ食い状態。Aちゃん不用意に「ちょうだい」と言ってしまったもんだからオジサン気をよくしてぴちぴち動くアジ・サバをたくさんAちゃんに袋に入れてプレゼント。自分で言っときながら「ぎょえー!」と困惑のAちゃん。大爆笑。さらにオジサンみんなに竿を握らせてくれ、予定外の釣りに大喜びの5年生たち。「今度5年で釣りのツアーしよ!」と話が盛り上がっていました。

結局虹の子に帰ってきてから、ヘトヘトのワタクシがアジフライと塩焼きにして5年生たちの胃袋におさまったのでした。いやはや疲れたけどおもしろかったね。

今年は晴れたぜ秋まつり!

2018年10月15日 から mboo | 0件のコメント

去年はどしゃぶり開催となった秋まつり。今年はとことん晴れ渡り、カキ氷が飛ぶように売れる程のお天気となりました。

保護者・実行委員さんたちの長きにわたる準備には頭の下がる思い。綿密な計画と、宣伝・財政活動・物品準備・バザー用品集め・模擬店準備などなど、すべて自分たちで、プライスレスで作り上げる秋まつり。地域の方々にすっかり周知され、大勢のお客さんが来て下さいました。

子どもたちも、ただ楽しむだけではなく、自分たちで準備して物を売ったりゲームコーナーの店番したり。声を張り上げ、一生懸命に仕事する姿は長きにわたって続いてきたこの秋まつりの象徴。とてもイキイキした表情の虹の子たちがいっぱい活躍していました。

なつかしいOBたちもたくさん足を運んでくれました。孫を連れて参加してくれるOB保護者の方々も多数。かつての公園開催での秋まつりの話などでも盛り上がりました。

ワタクシ奴の顔写真マグネットが当たりで出てくるという、なんともふざけたガシャポンも登場し(某OBの悪ノリ?)、それもまた大好評・・・(^_^;) 

夜の打ち上げでは、みんな疲れているにもかかわらず日付が変わるまで秋まつり談議?。ひさしぶりにオモシロキャラ全開のおかあさんも登場し、長く充実した一日ははてることなく続いていくのでした。

いよいよ明後日

2018年10月12日 から mboo | 0件のコメント

あきまつりへの期待が高まる子どもたち。オープニングの歌「ぼくらあそびのプロなんや」も全力で歌っています。昨日のまつりシュミレーションは呼び込みの声がホールに響き渡りました。

お天気は上々。準備も万端。あとはたくさんの出会いと、みんなの笑顔があふれることを祈ります。

秋まつり練習その①

2018年9月28日 から mboo | 0件のコメント

運動会の練習もあって実に忙しい高学年たち。それでも自分たちで工夫して秋まつりのゲームの準備をしてきてくれました。今日はいよいよお披露目。低学年たちに遊んでもらって当日のシュミレーションをおこないました。

順調なところ、新たにつくり直すところ、なかなかすすまないところなど、グループによって様々な課題があったりしますが、秋まつりの成功という大きな目標に向けてみんなで一致団結してがんばって行きたいです。

命より大事な酒ブタゴマ?

2018年9月14日 から mboo | 0件のコメント

弾きだしたら2ポイント、最後まで残ったらさらに1ポイント・・・

今日は「酒ブタゴマ大会スペシャル」と銘打って、公式ルール(ウチ独自のきまりだけど)の重量・形状制限を緩和してのバトルロイヤル戦。総勢22名が景品の「火花の出るコマ」獲得を目指し、しのぎを削りました。

本日優勝のKくんのコマ ネジ・かぶせ・吸収ゴム・丸底など、専門的改造が加えられているのだ。

最近オモチャのベイブレードを持ってくる子もいますが、それでもやっぱり酒ブタゴマ人気は衰えず。ある日の酒ブタゴマ大好き3年Yくんの何気ない会話「みんな酒ブタゴマどのくらい大事?おれ命より大事や」・・・あんまりイノチを軽々しく比べるのはどうかと思いつつ、そこまで気持ちを傾けているYくんがとてもまぶしく見えました。

あやしい奴が来た時は

2018年9月11日 から mboo | 0件のコメント

「不審者」ってどんな人なのでしょう。人を色眼鏡で見て結果的にその人を「不審者」さらには「犯罪者」にしてしまうことも多くあるような気もしますが…。まあ過去、虹の子クラブにも2度ほど、酔っぱらったおじさんが入ってきて警察を呼んだこともありました(たち悪い保護者じゃないですよ)。昨今、いろんな人がいることは事実なので、もし我々に危害を加えそうな人が、遊んでいる時に教会や施設に来たらどうする?という話し合いから今回初めての「不審者対応避難訓練」を行いました。「まず指導員が相手を観察しつつ丁寧に応対する」「相手を刺激しない」から始まり、相手の出方次第で「特定のあいことばを出し、他の指導員に知らせる」「子ども全員逃げる準備をする」ところまでを訓練しました。

ワタシが不審者をするから、とあらかじめ伝えておいて実施しました。最初はどんなふうに登場するのかワクワクの子どもたち、しかし黒いマスクにマントという、絵にかいたような不審者の登場と迫真の演技?に、「本当に怖い人かも」とじりじりたじろぐ子どもたち。

みんな真剣にとりくんでくれ、指導員も初めての訓練にいろんな課題も見えてきました。「イザ」の時に備えておくこと、これからも続けていきます。

抜き打ちで、ガタイのいいOBでも使ってまたやってみたいけど、みんなびびりまくるだろうなあ。